メガミミロップ使いの気ままなドイツ生活

ポケモンとかドイツでの生活とかメモとか色々

Pokemon Showdown!について

Pokémon 記事でも書いたPokemon Showdown(SD)についてもっと詳しく説明したいと思います。

今でこそ結構いろんなサイトがやり方解説してますが僕が始めた当初は載ってるサイトが少なくてかなり苦労した記憶があります...笑

 まず概要について。簡単に言うとポケモンのレート対戦がパソコンでできます。しかも厳選も努力値もなしで。

まあ、これだけ聞くとめっちゃ楽に聞こえますが実際はそうでもない。厄介なのはサイト内が全部英語ということ。英語?そんなん余裕やろという方は最初から存分に楽しめると思います。当時の僕は英語そこまで得意じゃなかったので結構苦労しました。

英語苦手だけどパーティの試運転用とかに簡単でいいからやって見たいという方の為にアカウントの取り方などについて解説していきたいと思います。

 

まずはgoogle先生でpokemon showdownと検索。(一番最後に一応url載せておきます。)で、一番上に出てくるであろうPokémon Showdown! battle simulatorをクリック。そしたらこんな画面が出てくると思います。

f:id:aoi428:20170425044527p:plain

そしたらplay onlineをクリック。で、この画面に飛ぶはず。

f:id:aoi428:20170425044701p:plain

ここに来たらまず右上にあるchoose nameをクリック好きな名前をアルファベットで入れてください(日本語じゃ登録できないです。後ろにつけることはできますが)もし名前を入れてこんな画面が出て来たら残念ですがその名前は既に使われているので別の名前を試して見ください。(メジャーなのはだいたい取られてるかも...数字とかを入れて無理やり別アカウントにしちゃうのもあり)

f:id:aoi428:20170425044856p:plain

もし上の画面が出てこなく右上に自分の名前が表示されていたらおめでとうございます。その名前はまだ誰にも取られていません。が、ここで辞めてしまうとアカウントを乗っ取られてしまう可能性があるので注意です。乗っ取られないようにパスワードをかけましょう。

右上の歯車をクリックして上から2個目にあるRegistarをクリックするとパスワードを入れる画面が出ます。

f:id:aoi428:20170425045845p:plain

ここで自分の好きなパスワードを入力(最低5文字)、確認のための再入力。で、最後にピカチュウの英語名Pikachuを入れたら登録完了です。これで基本的に一回タブを閉じたりしても同じアカウントでログインできるはずです。もし何らかの理由でログアウトしてしまった場合は最初と一緒で、choose nameでアカウント名を入れて、パスワードを入れればログインできます。

では、次にパーティを作りましょう。まず、初めに左の真ん中らへんにあるTeambuilderをクリック

f:id:aoi428:20170425050424p:plainで、次に上にあるNew Teamをクリック

f:id:aoi428:20170425050522p:plain

そしたらAdd pokemonをクリック

f:id:aoi428:20170425050612p:plain

Pokemon(ポケモン)、Item(持ち物)Ability(特性)Moves(技)Stats(努力値)IV(個体値)Nature(性格)を決めましょう(今ならポケモン徹底攻略様などで英語名が記載されてるはずなので探すのは簡単なはず)下の画像ではAS最速メガミミロップを作成

f:id:aoi428:20170425051527p:plain

左上にあるDetailをクリックすればレベル(基本的にフォーマットで使える最大レベルに変わるから基本気にしなくてよし。Lv1ココドラとか使う方は絶対必要なのでご注意ください)、Gendar(性別)(Male雄Female雌)、 Happiness(なつき度。基本は最大に設定されているのでやつあたりなどを使う方は要注意)、Shiny(色違いかどうか)などの細かい設定を決めれます。下の画像では雌の色違いメガミミロップに変更。また、Nicknameに打ち込むことで好きな名前がつけれます。(日本語も可)

f:id:aoi428:20170425051926p:plain

こんな感じで6匹作成したらパーティの完成です。お疲れ様でした!

次にパーティのバックアップの方法。SDではバグでたまにパーティが消えてしまうことがあるのでバックアップを作るの推奨です。方法は簡単。Teambuilderのこの画面の右上にあるImport/Exportをクリックすると

f:id:aoi428:20170425052405p:plain

f:id:aoi428:20170425052432p:plain

上のような画面が出たらコピーしてメモかどっかに貼り付けといてください。もしパーティが消えてもNew TeamのImport from textに貼り付ければ元のパーティが使えます。また、この機能を使えば友人同士でパーティの貸し借りも簡単にできます。

 

では、いよいよレートに潜りましょう!一番最初の画面に戻りFormatをクリック

f:id:aoi428:20170425052733p:plain

いろんなものが表示されますがここではメジャーなものだけ解説しておきます。

Battle spot singles=実機のレート準拠のシングルバトル。日本人が最も多いフォーマットかな

Battle spot doubles=実機のレート準拠のダブルバトル。

VGC2017=WCS2017で使用されるルール。有名人なども潜っていることがあるので試運転にも向いてるかも?

Random battle=文字通りランダムバトル。ランダムで6体のポケモンが決められ6対6のシングルバトルができる。伝説ポケモンなども入るので運とプレイヤースキルが試される。

Anything goes=なんでもいける。フリーバトルのレート版みたいな感じ。同じポケモン使用可能、伝説幻使用可能。アルセウス6体とかのパーティとかも結構見かける。

こんなところですかね。他のフォーマットも気が向いたら紹介します。

 

フォーマットを決定したらあとはBattle!を押すだけ。対戦相手と当たったらこんな画面に変わります。(フォーマットはシングルバトル)

f:id:aoi428:20170425053340p:plain

ポケモンをクリックするとその順番で選出されます。カプ・コケコの上にあるTimerを押すことでタイマーが始動2:30秒のカウントダウンが始まります。

f:id:aoi428:20170425053448p:plain

技をクリックして決定。下のポケモンをクリックで入れ替えができます。真ん中にあるのはチャット欄。対戦のログが見れたり対戦相手や観客とチャットができます。

f:id:aoi428:20170425053737p:plain降参したいときはこのばつ印をクリック。Forfeitをクリックで降参できます。(間違えて押した場合はcancel)

最後にチャットルームについて。一番最初の画面の右をクリックすることで色々なチャットルームに入ることができます。チャットルームの分類は様々で、言語、特化したフォーマットなどで分けられています。上の画像で見えるように日本のチャットルームもあるので興味があったり、質問があれば是非遊びに来て見てください。スクロールして日本語 Japaneseをクリックするか(下画像参照)一番下にあるJoin other roomをクリックしてJPと入れれば入ることができます。

f:id:aoi428:20170425054226p:plain入ったらこんな感じ。

f:id:aoi428:20170425054328p:plain

会話の内容は基本的にはシングルバトルなどの話題が多いですがいろんなことについて喋ってるのでお気軽にどうぞ。何か質問などがあればstaff(+,%,@,#の記号が名前の前についてる人。この中だとYosshiとboe,youmu@poke 敬称略)の名前をクリック、chatをクリックして話しかけて来てください。

Challengeを押すとフォーマットを選んでフレンド戦ができます。これを使えば知り合いとレートでスナイプをしなくてでも戦うことができます。

f:id:aoi428:20170425054802p:plain

また、アカウントを取り立ての場合は喋れない設定になっています。(レート戦を一回以上勝ち、登録から1週間必要)しかし、#、@の人に言えば設定を変えられるので気軽に言って見てください。

また、チャット内では大会が開かれる場合があります。開かれたらこんな感じ。

f:id:aoi428:20170425055332p:plain

一番上にフォーマットが表示されます。やりたいフォーマットだったらjoinをクリック。それだけでエントリー完了です。あとはReadyやstartにボタンが切り替わったらクリックすれば試合が始まります。日本語部屋では不定期開催になっているのでそんなに回数は多くないですが、もし大会にいっぱい参加して見たいという方はbattle spotやVGC, Tournamentsの部屋に言って見てください。部屋の名前のフォーマットの大会がよく開催されており、Tournamentsではたくさんの人が大会に参加してくるので腕のためしがいがあります(商品はありませんが...笑)

 

長々と書きましたがこんな感じですかね。質問等あればここのブログなり日本語チャットなりで聞いてみてください、答えられる範囲内なら何でもお答えします。では、今回はこの辺で失礼します。良いSDライフを!

Pokémon Showdown!:http://play.pokemonshowdown.com